Scrap

INDIVIDUALIZED SHIRTS / Staff Styling

本日はINDIVIDUALIZED SHIRTS TRUNK SHOWでスタッフが以前オーダーしたシャツをご紹介致します。

トップバッターはINDIVIDUALIZED SHIRTS輸入販売元であるメイデンカンパニーの柳さんです。
i2
昨年人気の高かったシーアイランドコットンを使用した140番手のシャンブレー生地。
i1
私もこの生地の着心地を試したくてオーダーしましたが、本当に素晴らしいです。
残念ながら今回は生地がなくなってしまいましたが、シーアイランドコットンの140番手オックスフォードをご用意しております。こちらも良いです!
i3
襟型はワイドスプレッドの9Sというモデル。タイドアップもキマりますし、洗いざらしでカジュアルにも着ていただけます。

それにしても流石のスタイリングです。足元にヴェイパーマックスとは、、。

続きましてスタッフ林。
i6
赤のギンガムチェックは、格子が細かいものをセレクトすることで可愛くなりすぎない上品な印象に。
襟型はニューボンドBDという、やや剣先がラウンドしたオーダーならではのタイプ。
i5
ボタンダウンにプルオーバー仕様は、正統派なアメリカントラッドのお手本のような仕上がりです。
i4
初めてオーダーされる方で、定番が良いけど少し人と違う仕様にしたいという方にオススメです。

スタッフ佐竹。
i9
アメリカントラッドを代表するシャツメーカーに、あえてユーロワークやミリタリーに似合いそうなシャツをオーダー。
i8
ベージュ系のストライプにバンドカラー。ボタンは昨年から新しくなったホーンボタンを使用しています。
i7
当店でセレクトしているFRANK LEDERやARTE POVERA、OUTILなどがお好きな方にオススメです。

スタッフ上野。
i12
ブルー系のチェックにオープンカラーが爽やかな印象。
i11
昨年から人気のオープンカラーはスタイリングのように羽織りとしても使えますし、汎用性の高い仕様です。
i10
使用頻度も高く本人も大変満足しているご様子です(笑)

林と上野がオーダーした仕様のプルオーバーとオープンカラーは、前回まで¥3.000のアップチャージが発生していましたが、今回からは無料でオーダーいただけるようになりました。
これは大変嬉しく、オーダーの幅も広がりました。

21(日)まで開催していますので、ご予定合われる方は是非一度ご覧ください。

Google+Tweet about this on TwitterShare on Facebook