Scrap

NEW BRAND / OLDE HOMESTEADER

OLDE HOMESTEADERのアンダーウェアのご紹介です。
o11
日常で何気なく使われている「モノ」の本質に向き合い、本当にいいと思えるプロダクトだけを作っていきたい。

そんな想いを掲げ、今期からスタートしました。

40年代にアメリカで作られたデッドストックのトランクスに出合い、その仕立ての良さに感銘を受けたことがブランドを立ち上げるきっかけだったそうです。

仕立ての良いシャツのような丁寧で美しいステッチワーク。リラックス感のあるシルエット、素朴で味わいのある生地。そして、肌に触れたときに感じる心地よさ。

洋服ではそういった仕立ての良いモノに出合うことはできますが、アンダーウェアに関しては、なかなか満足いくものとなると難しいところです。
o10
o9
o8
OLDE HOMESTEADERが使う生地は、当店ではtamaki niimeでお馴染みの兵庫県西脇市でつくられている播州織の生地。

200年以上続く伝統技術と、豊かな自然によって生みだされる生地は、洗濯を重ねることで、より柔らかく馴染んでいきます。

また、デッドストックのトランクスから着想を得たこともあり、今の簡素な作りとは違い本当にシャツの仕立てのようなパターンと縫製です。
o7
4枚ハギのパターンは無駄なもたつきがなく動きやすいよう考えられており、縫製に関してもサイドはチェーンステッチの巻き縫い、前合わせのカンヌキなど、ヴィンテージのワークシャツを見ているような作りです。
o6
チェーンステッチにより、洗濯することで起こるパッカリングなど経年変化を味わえることも洋服と同じような楽しみ。
o5
ウエストのリブも針抜きのディテールで、締め付け過ぎない程良いホールド感です。
o1
箱に関しても日本製で、当時の時代性を加味したパッケージデザイン。

OLDE SLUB&OLDE COVERT CHAMBRAY
o3
ヴィンテージ感のある生成りのスラブと、シャンブレー・ブラックシャンブレーは、もっとも経年変化が楽しめそうです。
[¥3.800+tax]

TRADITIONAL PLAID
o4
播州織で昔から作られているシャツ生地を使用。トラディショナルなチェックがやはり一番使えると思います。
[¥3.500+tax]

OLDE INDIGO
o2
ロープ染色のため、ジーンズのように色落ちも楽しめるトランクス。それだけでワクワクしますね。
プリントではなく抜染により入った柄もクラシックで良いですね。
[¥4.800+tax]

私自身入荷する前から履いておりますが、本当に履き心地も良く、洗濯してすでにパッカリングも出ています。今までボクサータイプを履いていましたが、夏場は特にゆったりめのパンツやショーツを履く機会が多くなるので、トランクスの解放感はたまりませんよ。

プレゼントにもオススメです。

是非店頭でご覧ください。

Google+Tweet about this on TwitterShare on Facebook